「優しい人が好き」とはよく言いますけどね


 

 

「優しい人が好き」の真相

「優しい人」・・・逆に言うと「怖くない人」じゃないですかね?

更に言うと「自分にだけ怖くなければいい」 たぶんその程度。

 

凶暴な不良少年でも自分にだけ優しければいいのです、昔の少女漫画の王道ですね。

あと、私が思うに「優しい」と「弱い」は違うと思います。

「弱さと優しさは混同されるわけはないだろう」と思われそうですが、たしかに「優しい人が好き」と言ってる人の頭の中ではハッキリ「別の物」でしょう。

ですが「あなたは精神が弱いですね」とは言いにくいので「あなたは優しい人ですね」と言うことはあると思います。

そして「私は優しい人が好き」と言ってる人でも、「あなたは優しい人ですね」と言った相手に魅かれたりはしないことが多いでしょう。

 

言葉にしないだけで「優しい(強い)」「優しい(弱い)」は頭の中で別れています。

 

我々は動物なので、メスは強いオスにひかれます。

だから「優しい人が好き」は「優しくて強い人が好き」です。

「(自分には)優しくて、強くて(他人には)凶暴」でも合格なんだろうと思います、本能的には。

 

「自分に害を与えない人が好き」ってのは動物全部そうだと思うので、結局「俺もだよ!」「あいつもだよ!」「ウチの猫もだよ!」ってことです。

みんなが「そりゃそうだろ」って思うようなことなので、「俺たちは食事をしないと生きていけない」程度の当たり前の話。

 

 

 

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です