【貴様とは】女性に見切られる男性の特徴【2度と時間を共有したくない】


 

某サイトの記事によりますと、20代女性は下記のような男性とは「2度目のデートには行きたくない」と思うそうです。

  • 遅刻したのに謝らない
  • 歩く速度を併せてくれない
  • 食べ方が汚い
  • すぐに手をだしてこようとする
  • 下ネタで滑る

なににしても

「デートして」

「つきあって」

「結婚して」

なんて余裕あることを考えてられる生活が羨ましいですな。

でも女性って出産をする気だったら30代になる前に結婚を決めるべきなので(異論はあるでしょうから、一般論ですよ)すごいスピードで人生の決断をしていくんだなー・・・と思います。

それに対して20代男性ってしっかりしてる人もいますけど、まだ人生の目標とか人生設計のできてない人が大半ですよね(笑)

これでよく男女って上手くやっていけるもんですね。

さて、本題ですが・・・

 

結局のところ「気が合わない」ですかね。

「謝ることを知ってる人」ってのは大事だと思います。

「絶対に折れない(謝らない)人間」なんて一緒に生活しても苦しいだけでしょう。

「歩く速度」は「思いやりがある」「独善的でない」ってことかな?

他はどうでもいい。(嫌な人には確かに嫌でしょうけど)

精神年齢にも性格にも差があって当然なので、ビジョンのすりあわせは必要でしょう

 

私が考えるには「将来ビジョンの共有」が必要じゃないかと思います。

「将来はアメリカに移住して俳優になってビッグになりたい(現在22歳)」

という男性と 「将来は30才までに子供を二人産んで平凡だけど幸せな家庭をつくりたい(現在22歳)」

という女性のカップルがいて、ビジョンをすりあわせずに結婚したら不幸な未来しか無いでしょう。

昔私が読んだ漫画のヒロインが「愛は相手の夢を奪うものではなく、幸せを願うもの」と言っていました。

その通りだと思います。

どんなに素敵な相手でも、自分の夢や将来設計が相手の夢を犠牲にするような物ならば、交際も結婚も諦めるべきです。

ビジョンのすりあわせが「不可能」という結論に至ってしまった場合は「交際はできない」でいいと思います。

 

私的には最低限の男女のつきあいとして 「自分はこうして生きたい」「自分はこういうのが幸せだと思う」と語りあえる相手がいいですね。

結局会話しないと何もわからない

少し話は飛躍しちゃいますが、「デートの時に自分の考えを語らない、しゃべらない」って人もいます。

それは性格だから仕方ない面もありますが、あまりにひどくしゃべらない人は「一緒にいても考えがよくわからないし、わかるように伝える努力も見えてこない」って意味で

「次のデートなど無い」と切り捨ててもいいんじゃないでしょうか?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です