SEX抜きの恋愛ってなんなんだろう


という感覚になってきたのはごく最近のことです。

そりゃ昔は「SEXと恋愛の違い」くらいわかってましたよ?

中学生男子「セックス抜きの恋愛なんて、俺イメージわかないんだけど」

とかそんなことを思っていた子供時代はありません。

なんでわからなくなってきたかと言いますと

「いや、そりゃ好きならやるでしょ」と思うんですよ。

プラトニックな愛って素敵だよね」って言われたら「そうですね」とも思えるんだけど

なんかやましいことでもなけりゃするでしょう?

相手が人妻とか、未成年とか、そうでなけりゃやるべ

違うのだろうか・・・??

じゃあ「おまえはつきあってどのくらいでやるのが正常だと思うんだよ?」と聞かれたら

両想いであることが判明した瞬間から?

もちろん絶対にやらないといけないわけじゃなくて、やらなくていいんだけど

私がその気になったとするじゃないですか?

いいムードになってきた・・・

なのに拒絶・・・それは傷つくだろうし「しょぼん」だろうと思う。

好きな相手が「しょぼん」とするのに拒絶するか!?

「しょぼん」としてもいいくらいなら、それ両想いか!?

両想いじゃないんならつきあわなきゃいいじゃん? 無理してSEXしなくていいけど無理してつきあう必要も無いじゃん?

結局、おっさんはめんどうくさいのだと思います

そもそも心の中に「愛」などないのかもしれない。

うまく育んでいけない。

じゃあ、愛を育くむのやめればいいじゃん?」「ああ俺はやめたよ

そこでタイトルに戻るわけです。

愛にSEXは必須なのか?」「秒速でSEXしないといけないのか!?

まあ、思い出してみてくださいよ

中高生の頃の恋を・・・。

あの甘酸っぱい感覚を。。。

SEXしたかったですか? そんなこと考えてなかったことないですか?

恋愛と関係なかったですよね、でも「恋しいA子ちゃんのためならなんだってやる」そんな意気込みはあったと思います。

むしろ「恋するA子ちゃんのためになんだってやる」という気持ちが無いのなら「それは恋愛か!?」と思うわけですよ。

友達じゃだめなのか?ダメなんです「だって恋しちゃってるから!!

SEXしたくなったとして「我慢してあげるのが愛」だったのです!!!!!

※この文章を40半ばのおっさんが書いてると思うと大変気持ち悪いのですが耐えてください

さて、紅顔の童貞少年はいつのまにかおっさんになったわけです

「SEXは考えてもいない」から「好きならSEXするでしょう」に感覚も変わるわけです、おっさん&おばさんの頭の中でSEXのハードルは低い。

そこで疑問がわいてくるわけです。

なんでA子ちゃんはハードルを越えてこないのだ?」と

「愛」とか「恋」を口にする奴が低いハードルを超えてこないことがあるのだろうか?

やはり打算があるから超えれないのではないかと思う。

様子見だと思う

別に様子は見たっていいよ、試しにつきあってみるのもいいよ、プラトニックな交際でもいいよ

むしろプラトニックな交際、今だからこそやってみたい気はするよ!

でも愛があるからプラトニックなわけじゃない

愛がまだ無いから、壁を超えないだけだ。

そして壁なんて超えない方がいいこともある。

人妻と壁を超えるのはめんどくさい、だから超えなくていい、だが超えないことは愛じゃない。

まあ実際の所

「彼女がやらせてくれないんスよ」なんて話は

「それ彼女じゃないよ?」ってパターンでしか聞いたことは無い。

逆に「SEXしまくってました」って相手に「え?私たちつきあってないよね」と言われた人は身近にいた。

好きなら近づきたくなるのが自然だし

近づいてたら、そりゃそうなるでしょう。

だからプラトニックな関係を楽しんでるおっさん&おばさんってのは

フィクションを楽しんでるというか、一種のプレイだと思う。

素敵な関係ではなくて、むしろマニアック。

現実逃避の一環のような気がする。

「そんな恋がこの世にあったらいいよね」って。

そして「お互いの本当の生活の場所に戻りましょう」とか言って終わりにするんですよ、夢だから簡単に終わるんです。

ドラマの登場人物みたいなチュエーションを楽しめて良かった、楽しかった、それだけですね。

 

そこに愛など無い。

 

※このBLOG書いてるおっさんの身に嫌なことが起きたわけでは無いです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です