カップルに賞味期限がある理由


WS0416

ネタ元は計3回の破局危機!? カップルが「3ヶ月」「3年」「4年」で別れやすい理由

※リンク切れの場合ご容赦ください

要約すると

恋愛中の脳内物質は3年で尽きる、尽きた後に他の物質もでるがそれも1年で尽きる、だから最大4年で恋は終わる

リアルなところで考えてみようかな

・・・そういえば3年で別れた知人はいない。

でも「3年くらいでピンチが来る」と人は言う。

具体的には知らないけれどそんなもんじゃない?

男と女がつきあう理由って何なんだろう?

幸せの方向性ってのがあると思う、主に女性側に。

まず「我々は動物である」「生物である」ということからは逃れられない。

生物ってのは遺伝子を次世代に繋ぐことができたモノの子孫だけが今生きていて、次に繋ぐことができる。

つまり「俺は遺伝子を遺さない」と抵抗したモノの遺伝子は残らない(当り前)

残らないのだからその性質も残らない。

だから突然変異的に「子供いらんです」というモノが現れてもその性質を次世代に繋ぐ術は無い。

何が言いたいかと言いますと

みんな子供を作りたい

そして女性側には「30歳までには子供を産みたい」というタイムリミットがある。

※もっと遅く設定してる人もいるかもしれませんが、だいたいの若い女性は30歳くらいに設定してると思う

逆算すると「27~28歳くらいまでに結婚したい」ってことになる。

これが基本的な幸せの方向性だと思う。

いや、怒る人もいるかもしれないけど、あくまで「生物として」「逆算したら」の話なので「女性の幸せはこうだ!」と決めつけようとしてるわけではないことをご理解いただきたいです。

男性も大幅に年齢が違うカップルってのもそれ程多くは無いと思うので、だいたい同じくらいの年(27~28歳)を目指して結婚することになる。

結婚したことのない私からしたら大変忙しい人生のように見えるが、これが幸せの基本なら仕方ない、そうなんだろう。

で、生物としてはそうだとして個人として「つきあう」ってどういう意味があるのさ?

子育てとか関係なしで考えると

「生活を支えあうため?」

かな???

「生活」と言うと「お金のため」って感じになるから「生きることを支えあうため」って言った方がいいのかな。

恋が終わったあとどうするの?

脳内物質の都合で恋が終わっても

生きるためのパートナーは不要にならないよね

だから恋が終わることは心配ないと思う。

パートナーってのは自分の付属物では無い

もちろん自分がパートナーの付属物であるわけでもない。

みんなゆとりある生活してる?

ゆとりある生活をしてる人の感性はわからない。

辛かったり苦しかったりするのが人生だと思う、

新しい恋もしてられない「自分を理解して欲しい」と願った時に

新しいパートナーが素晴らしく理解してくれてるなんてことは無い。

一緒にご飯を食べて一緒に笑ってるうちに「つまんねー女(男)」と思ってしまうことはないでしょうか?

理解しあえてないんだから会話が浅くなるのはあたりまえ、そのあたりまえの溝を埋めていく作業が上手くできない。

「つまんねー女(男)」が悪いのではなく自分が悪いのかもしれない

でもどっちだっていい「つまらない(話が浅い)」ってのはどうしようもない。

そして寂しい。

恋なんて終わっちゃってかまわない

「新しい恋」では埋められない程の深い理解があれば、新しい人に交替できないんじゃないですかね?

願わくば

2人が不幸で困難でありますように・・・というところかな。

恋をするために生きてるわけじゃないと思う。

何か目的を見ていて、助けてくれるパートナーもいてくれる時でも

「幸せだ」と思った時に人は幸せを壊し目的も見失うようなふるまいをする。

少し不幸で少し余裕が無いくらいが目的を見失わずにすむような気がする。

気がするだけだけどね

でもやっぱり恋愛するために生きてるわけじゃないよね?

」がゴールであるならば、無駄な恋や邪魔な恋はたくさん存在すると思う。

「おもろい奴」と「おもろい関係」をつくっていくには「つきあいの深さ」がいるんじゃないかな。

浅い恋愛を繰り返すのはもったいないよね、寂しいし。

ああ、何度でも言ってやるよ

寂しいんだよ、理解しあえる相手がいないってのは。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です